【25】浪漫農場

どうも、こんばんわ(*'-')ノ
今回は、前回の続きから収穫直前までの流れを紹介しようと思います!

まずは、2,3個の玉からひとつに絞って摘果したところからですね~。
残した一玉は、脇芽をかぎながら天気に恵まれるとぐんぐん成長し、L寸卵のもう一回り大きいくらい(これが基準)になります。
ここまできたら、着果(花)棒[ちゃっかぼう]という色のついた棒を基準に達したものから日毎に色を変えて、玉の傍に刺していきます。
刺した日から4?日目に収穫すると一番ベストな状態で食べることができます。(?の数字は企業秘密ですのでご了承を!)

例えば、全部で100玉(株)あって、27日に基準を満たしているものが25個、翌日28日に基準に達したものが25個、29日に50個あったとすると、最初の25個には赤の棒、次の25個には青の棒、最後の50個には黄色の棒というように日を跨いで同じ色をささないように、また同じ日に複数色ささないようにします。

刺したあとは、またまた脇芽をかぎつつ根元から芯の先端までが2m50~3mの長さになるまで様子を見ます。
この長さになったら、植え替え(2番花)を植える人と今のスイカ(1番花)で終わる人でやることが分かれます。

植え替えを植える人は先端から30cmほどをかいで、苗を植えるスペースを空けて、根元に向かって折り返します。
これを【芯曲げ】と言います。
IMG_1975.jpg
IMG_1977.jpg
このとき、かいだ部分から下1つ目の脇芽だけを残して、他の脇芽は取り除きます。
この空いたスペースに植え替え用の苗を植えて、また元の手順でお世話していきますが、植え替えが伸びてくるころには一番花の収穫が終わって、かずらは片付けているので問題なく作業できます。
もちろん植え替えはこの写真でいうと右には伸ばせませんので、左に向かうように「の」の字に曲げていきます。
このやり方は非常に効率よく、ひとつのハウスで単純計算ですが倍の収量を得ることができます。

一番花しかしませんよ~って人は、先端から30cmほどを鎌などで切り払って放置します。
こちらは脇芽なども取り除く必要はありません。

ここからまたしばらく気温に注意しながら様子を見ます。
そして、棒を刺してから3?日経過したところで【玉返し】という作業をします。
玉はマルチまたは地面の上に横たわっているので、見える部分は陽が射して綺麗な縞模様になっていると思います。
しかし、地に接している部分はまったく日光が当たっていないので、まだ真っ黄色のままです。
IMG_1985.jpg
このように上下を逆にしてあげて、今まで陽が当たっていなかった部分に日光を当てて、色を抜いてあげます。
色を抜く?色を付けるじゃないの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、写真のように黄色の下に縞模様ははっきりしています。
元々色は付いているんですね~、なので陽を当てて黄の色を抜いてあげるという表現が正しいのです。
このとき、葉が玉に覆いかぶさっていたり、土がついていたりすると色の抜けが悪くなるので、なるべくかぶらない様に!

玉返しをしたら、約10日後いよいよ収穫です!
この10日の間に伸びた脇目はしっかり取り除いてください。
一番花だけの人は伸びた芽はすべて鎌などで切り払ってください。
玉返し後の10日間でびっくりするくらい玉が急激に太ります。
成長を阻害しないように、お世話は手を抜かないように!!

収穫時の注意点を少しだけ!
もし10日経っても色が抜け切れていない場合は、糖度も乗っていないので、抜けるまで置いておきましょう。
また、黄色を超えてオレンジに見える場合は、色が抜けきって、逆に日焼けが始まっているので急いで収穫しましょう。

とりあえずはこんな感じで定植~収穫までの流れをご紹介してきました。
露地は正直、天気・気温・害虫など育てるには条件が厳しいので、できればハウスでの栽培をオススメします。

うちもそろそろ収穫が始まります!
一応29日を予定してますが、ここにきて不安定な天気が続いてるせいで、なかなか思うようにいきません。
ちょっと遅れるかもしれませんが、確実に去年よりは早く初収穫を迎えます。
今年も美味しいスイカが出来ると思いますので、またご注文お待ちしております!
近いうちに注文受付の記事をあげますね~

それでは、今日はこの辺で(*'-')ノシ
スポンサーサイト

【24】浪漫農場

どうも、こんばんわ(*'-')ノ
またまた、お久しぶりになっちゃいましたね~><。
今はキュウリが終わってすべてスイカになりました~
今回は、前回の続きを説明していきます!

前回は「かずら曲げ」までやりましたね!
曲げたあとは、しばらく放置します。
すると3本の芯がいろんな方向に伸びていきます。
隣の株に芯が潜り込んだり、他の芯と絡んだりして今後の作業がしづらくなるので、たまに様子を見て、もつれを取ってあげます。
かずら曲げ直後から大体30cmほど伸びたら、もう一度かずら曲げのように大きい「の」の字になるように芯の先端を揃えて根元の方向に引き上げます。
この作業を「かずら引き」といいます。
このとき、脇芽だけすべて取り除いておきます。(この後、花つけの作業があるので脇芽以外は触らないように!)

ここからまたまた放置します。
さらに、30cmほど伸びるころには、黄色い花がいくつも咲いているのが確認できるようになります。
前回の最後の写真で引いてた赤のラインより手前(自分側)に咲いている雌花に雄花の花粉をつけてあげます。(受粉ですね!)
雌花は花の下に小さいスイカがついているので分かります。
雄花は以下の2種類があるので、区別がつくようにしっかり見ておいてください。
IMG_1960.jpg
IMG_1961.jpg
上が当日咲いた花、下が前日咲いた花です。
受粉は必ず当日に咲いた花の花粉を使います。
当日の花は花弁も雄しべもぷっくりしていて、前日のは開ききってしおれていますね。
前日の花粉のほうが色が濃くてたっぷり受粉できそうに見えますが、絶対に使わないようにしてください。
ただし、株Aに咲いてる花は、株B・株Cにも使えるので、当日の花にさえ気をつければ、どこの雌花と受粉しても構いません。

花粉は前日の日照時間により出る量が変わります。
また当日の朝の寒さと曇り具合で花が開くのが遅くなるので、開くまでは極力換気は避けましょう。
曇ってても、もしくは外にいる人間が寒いと感じても、ハウス内は暑かったり、蒸していることもあるので注意しましょう。
受粉後は、雌花の下のスイカが徐々に大きくなっていきます。
IMG_1970.jpg
卵くらいの大きさになると花が枯れて、こんな状態になります。
こういう状態になることを「止まる」といいます。
止まった状態のスイカが1つの株に3個くらいできるまで毎日受粉をします。
ここまで成長すると写真のように傷が確認できたり、形に歪みがあったり、縞模様の色がどす黒かったりという特徴が見えてきます。
もし、縞模様がどす黒く見えた場合、それを「落ちる」と表現します。

1つの株に3個ほど出来たら、その中から本命を選び、他の2玉を根元からちぎって捨てます。
これを「玉落とし」といいます。
先ほどの挙げた3つの特徴のうち1つでも当てはまっていれば、それは真っ先に取り除きます。
理想は丸または卵型で実が透き通ってるように綺麗なものです。
玉落としの時には、枯れた雌花を取って、実を横たわらせます。
ここでも注目すべき点があるので写真を使って説明します。
IMG_1969.jpg
これは雌花を取ったあとの状態です。
矢印の部分が雌花が咲いていたところ(お尻といいます)ですが、両者を比べると大きさに違いがありますね。
もし玉落としの際、2つまたは3つともいいものでどれを切り捨てるか悩んだ場合はここを見ます。
なるべくお尻が小さいものを選んでください。

本命が決まったらまたしばらく放置しますが、成長は止まりませんので、芯は伸び続け、伸びたところに出来た脇芽をぐんぐん伸びます。
脇芽は成長を阻害しますので、気づいたら取り除きましょう。
IMG_1971.jpg
こんな感じで脇芽は分かりやすいので、芯とさえ間違えなければ問題ないでしょう。
この前取ったからしばらくいいだろうと思っていると、想像以上に次のが伸びるのは早いので3日に1度は確認してください。

次の作業をするころにはこんな感じになってます。
IMG_1972.jpg
もう漬物にはできないくらい大きく育ってます。
まだ中は真っ白ですが、種がしっかり確認できますよ。
収穫までに紹介できる作業はあと1つか2つくらいです。
そしたら収穫まで芽をかぎながら待つだけです!

それじゃあ、今回はこの辺で(*'-')ノシ

【23】浪漫農場

どうも、こんばんわ(*'-')ノ
昨年の8月ぶりの農業日記!

キュウリの収穫はまだ続いていますが、2反分を残し片付けてしまいました。
そして今年も、自慢のスイカを育てています。
今回はそのスイカの様子とお手入れ法、家庭菜園として栽培するときのポイントなどを書いていこうと思います。
去年とかぶる内容も多々ありますが、このブログを今年から見る方もいると思うので、その辺はご了承ください。
(基本的には、12月定植の夜間暖房ありハウス栽培を前提として書いていきます。何も注意書きがない場合は家庭菜園の方も同じ方法で問題ないです。)

まず、定植してから紙のキャップをかぶせ、換気を一切せず二週間ほど放置。
暖かい環境で生長が進んだ苗はキャップを押し上げたり、完全に外れてしまうほど伸びています。
この状態になったのを確認したらキャップを外し、この日から曇りで余程寒い時や雨が降っている時以外は毎日換気をします。
目安としては9:00~16:00くらいです。
風が強く寒さをより感じるときは、15:30くらいに閉めるようにしてください。

*家庭菜園:露地でやる場合は、夕方から日の出すぎの間も暖かいくらいの時期になってから定植してください。
寒さ、特に風にはとても弱く冬の時期だと植えたその日に枯れるので、初夏くらいがいいです。
9尺のパイプとビニールで苗を覆って栽培できる方は、夜間暖房が必要なくなる春くらいがいいです。

キャップを取ってから3日ほど経つと、これくらいまで成長します。
IMG_1928.jpg
ここからいよいよ、直接苗を触ってお手入れの開始です。
赤丸で囲んだのが芯(芽の先端)です。
この時点では、6つあります。
最初は、芯が3つになるように余計な芽を取り除く作業です。
より長くて太い芽を3本選び、それ以外の3本を根元から取り除きます。
その時に、青い丸で囲んだ豆葉も一緒に取り除いておきます。
ここまでの作業を「芽立て」と言います。
受験シーズンですので、受験で例えると、地元に6つの高校があり、その中から入りたい候補3校に絞るイメージです。

*長さも太さもそれほど変わりがなく、どっちを選べばいいか分からないときがあります。
そんなときは、芯の太さと毛の量を見てください。
IMG_1929.jpg
左の芯の方がぷっくりしていて、毛も多いのが分かりますよね。
迷ったときはここで判断してみましょう。

こういう作業をしていると、葉に模様があるものを見つけることがあります。
IMG_1924.jpg
たまに、何かのロゴやキャラクターみたいに可愛いものや綺麗なものもありますが、実はこれ虫の仕業なんです。
名前は「絵描き虫」。
表面を食べ歩くため、こんな模様ができてしまいます。
この模様の中に茶色がかって少し膨らんだ場所がいくつかあります。
そこをピンセットなどで慎重に破ると、犯人が出てきます。
別名「葉潜りバエ」といいます。
スイカの生長には問題ないので、わざわざ潰したり薬を使う必要はありません。

さて、芽立てから約5日後を見てみましょう。
IMG_1930.jpg
写真ではそれほど生長してるようには見えないかもしれませんが、実際は15cmほど伸びてます。
ここまで大きくなると、かぶせている9尺のビニールの内側にぶつかって反り返ってるものもあります。
これ以上そのままでいると芯がポキッと折れたり、曲がり癖がついて、その状態のまま伸びてしまうので、次の作業に移ります。

矢印で示しているところが節になります。
竹などのように仕切りがあって、はっきり分かるものではありませんが、葉がついてる部分が節にあたるので分かります。
この節には、脇芽と花と葉があります。
IMG_1931.jpg
ぼやけてますが、葉は見てはっきり分かります。
芽は毛が密集して白くなってるので、そっちが脇芽になります。
脇芽とは別にもうひとつ小さな芽らしきものがついてるので、そっちが花になります。
花には雄花と雌花があり、写真のは雄花になります。
雌花だと、すでに小さいスイカの実が確認できます。

ここでは、この3つのうち、芽と花を取り除きます。
芽立てで3本になった芽すべての節を1つ1つ確認して取り除いていきます。
このときになるべく、茎を爪で引っ掻いて傷をつけないようにしてください。
気をつけすぎて、取り残しがあると後の生育に影響が出ます。
仮に3箇所の脇芽を取り残したとします。
そうすると、芽立て前の6本の状態に戻ってしまいます。
受験もしっかり目標を定める方がいいですよね。

花と脇芽をすべて取り除いたら、「かずら曲げ」という作業をします。
かずらとは、スイカ全体のことです。
このまま生長すると、前述した通り折れたりするので曲げて伸びしろを作ってあげます。
暖かい季節に露地で栽培するならこの作業は必要ないですが、この時期の栽培だとまだ9尺ビニールと取り外すには早いので、まだこの中で生育させるにはこの方法をとります。
IMG_1933.jpg
花と脇芽を取り除いた3本の長さを比較し、短いものから内側になるように順に「の」の字に曲げます。
オレンジ線は、植えている部分(根元)のラインになります。
3つの芯がこのラインより引っ込んでいたり並んでいると、このさき芽が根元の方向に伸び、下に潜り込む形で生長するので、次の作業が非常にしづらくなります。
なので、「の」の字と同じように、下のラインを赤線のように合わせます。
そのとき、芯はなるべく前後しないように揃えておくといいです。
曲げるときは赤線上の左の接点が特に折れやすいので注意してください。
ここは1本の茎から3本に分かれている部分なので、ここが折れるとすべてが枯れます。

とりあえず、現段階ではここまでです。
夏になったら挑戦してみようって方は、時期がきたらもう一度この記事を見返してみてくださいね!
あ、そうそう、うちは売り物として栽培しているので、1株につき1玉しか収穫できないようにお手入れしていきます!
今後3本のうちから本命を決めて作業していくことになりますが、1株で複数個実らせたい方は、その作業は無視して進めるようにしてくださいw
ただし、1株に複数個実らせると、余り大きくならず、甘さも控えめとなるので、その辺はご注意を!
それじゃあ、今回はこの辺で(*'-')ノシ

【22】浪漫農場

どうも、こんにちは(*'-')ノ
まだまだ暑い日は続いております・・・
IMG_1801.jpg
雲一つない青空に厳しい日差しで、天日干しされるタコの気持ちが分かるようですw
これは昨日の写真ですが、ほんとに雲一つない空に、飛行機雲が走ると綺麗ですねーw

さて、今回はキュウリの定植から収穫までを写真でスキップ振り返りをして、最後に仕事の合間の仕事の様子をお伝えします!
では、キュウリからいきましょう!

IMG_1733.jpg
7/20に定植しました!
半反(0.5反)の面積にうねを4つ作って、通路が3つできます。
お世話や収穫は両端2本の通路を歩きながらやります。
真ん中の通路は点滴チューブを引いて水やり用として使うので、ここは普段は立ち入りません。

天井に灰色のカーテンみたいなのが貼ってあるのが分かるでしょうか?
これが遮光シート(普段はひよいと言っています)で、強い日差しを和らげます。
定植してから収穫直前までは毎日、日差しが強まる朝10時頃に被せて、風が吹き出したり、日差しが少し弱まる午後3時頃に剥ぎます。
これを忘れると芯(芽)が焼けて、枯れるのを待つだけになります。

水に関しては、葉がぐったりしてきたタイミングで30~45分ほど与えます。
それと、株と株の間に青と黄色の札みたいなのが吊るしてありますが、これは捕虫シートです。
黄色は主にコナジラミ系の害虫を、青色は主にアザミウマ類の害虫を引きつけます。
アザミウマとは、一般にスリップスと呼ばれる有名な害虫です。

これらは主に葉や芽をかじるタイプと茎に口を刺して中を吸い取るタイプに分かれます。
特に吸い取るタイプが厄介で、吸うときに唾液が入り込んで、それが悪さして影響が出ます。
なので、捕虫シートは必ず使用して、そこに貼りついている虫の量を定期的に確認します。
この時に、あまりにもついている量が多い場合は、農薬を使って消毒をします。

こんな感じでお世話していくと、こんな感じに成長します。
IMG_1786.jpg
8/4の様子。
ちょっとずつ日差しにも耐えれるようになってきます。
人間が伸びた髪や爪を切るように、キュウリも余計な脇芽や葉はかいであげます。
この作業は2日に1回のペースでやってあげます。
ここまで来ると成長が急に早まります。
最初の写真では下段の白い紐より下、この写真では中段の白い紐を超えています。
根元から下段の紐、下段の紐から中段の紐までは大体等間隔ですが上段の針金まではかなりの距離があります。
それを踏まえて、次の写真をご覧ください。

IMG_1789.jpg
8/8の様子です。
わずか4日でとっぺんの芯は針金より上にはみ出ています。
急成長しました。
はみ出た芯は、そこからポキッと折って成長を止めてあげます。
これがキュウリに対しての「実をつけろ!」のサインになります。
合図を受けたキュウリは花を咲かせ、赤ちゃんキュウリを実らせます。

そして・・・
IMG_1793.jpg
8/13 収穫の日を迎えました。
自分が担当してる範囲では、初日は2本収穫できて、そのうち1本を撮ってみました。
艶、香り、水分、トゲ、締まり共に申し分ないでしょう。

初収穫から5日もすれば、収穫できる本数は2500本くらいになります。
6:30~8:30くらいまでみっちり収穫作業、そんな毎日です。

====================

話はがらりと変わりまして、畑仕事の合間にサブ家の敷地を改造しております!
以前、サブ家の敷地と道路の区別をはっきりさせるために数百万かけて石塀を作りました。
ですが、いろんな事情で塀を作れなかった部分から空地と間違えて車が入ってきて違法駐車していくという事態が・・・
そこで空いていた部分も先月70万かけて同じ石塀を作りました。

作るのはいいけど、塀を立てたあとは、塀と道路の間に隙間が出来てしまいます。
ここを埋めるために灼熱の太陽の下、コンクリートを流し込む作業をしました。
その様子をちょっとだけ振り返ります。

IMG_1775.jpg
まず、2㌧トラックにバラス(砂利)とセメントを買ってきます。
さらに、川から引いてきた砂を用意します。

IMG_1776.jpg
これらに水を加えてねりねり・・・ねりねり・・・ねりねり・・・
この作業が地獄。

IMG_1774.jpg
粘り気が強くなるように比率を考えて混ぜるとこんな感じに出来上がります。
それをひたすら塗り塗り。

2日かけて終了しました。
仕事終わったーと思ったらこんな作業が待ってて泣きたくなります。

完成した写真はまた今度載せますね!!
では、今回はこの辺で(*'-')ノシ

【21】浪漫農場

どうも、こんにちは(*'-')ノ
今回は家庭菜園分の果菜の紹介です!
写真が溜まってたので、ダダダダッといきまーす!!

IMG_1769.jpg
【ゴボウ】
前回紹介したときのは袋に土を入れて栽培してるとこだったと思いますが、これは時間がなかったので直に適当に種蒔いて育ててるやつですw
先日のでっかいゴボウはここで採れたやつです!

IMG_1773.jpg
【ショウガ】
いつ見ても笹ですww
ショウガはかなりなおデリケートちゃんなので、網を張って守ってます!
なのでちょっと見づらいです><。

IMG_1772.jpg
【唐辛子】
砂煙で汚れているところに消毒をしたから水垢みたいに残ってますw
これは1株植えておくだけでかなりの量なりますw
一番手前に束になってはえてますが、これが後ろに少なくとも3束は見えますね、50本以上はあります!

IMG_1770.jpg
【山芋】
支柱でアーチを作って、そこにかなり目の粗い網を張って、蔓を這わせて栽培しています!
もちろん実るのは土の中ですよ!!
支柱はしなくてもいいけど、いろんな方向に伸びて行って、絡むと簡単にはほどけないから厄介なので誘引してあげた方がいいですw

IMG_1771.jpg
【オクラ】
どんな作物も一緒ですが、花が咲いて枯れて、実が太りだします!
真ん中の白い花の下に3つ茎の断面があるのが収穫した後の状態で、花の奥にわさわさしてるのが、ガクで覆われたつぼみになりますw
やっぱりオクラって何度見ても面白いですね、逆さに成長していくのww
どんなに大きくなっても垂れることはないですから!!天を貫く勢いですw

IMG_1777.jpg
【八朔】
春頃の記事だったかな、植木まつりで買った苗!
一応実がつきましたw
まだ一年目だから美味しくはならないから、2,3年後のもの期待!

IMG_1778.jpg
【レモン】
最初に買ったやつは右なんですけど枯れちゃったから、また買ってきたらそっちは1つ実った!
最初から形がもうレモンだねw
枯れたやつもなんか下の方から目が出てきた、なんとか生きてたみたいw

IMG_1779.jpg
【イチジク】
こちらも1個実った!!
実も葉っぱの形も可愛らしいww
そして、蜂よ!そこに巣をつくるな!!wwwww

最後は稲の様子!!
IMG_1794.jpg
いい感じ!綺麗に生えそろってるw
これくらいになると風で揺れると葉同士がこすれ合ってシャラシャラ音がして、それが心地いいんだよー!

IMG_1795.jpg
おたまじゃくしも無事カエルになったみたいですw
この写真の中に最低でも8匹はいます、見つけられるかな?w
ちなみに、稲は1株およそ10本(主茎=親)植えで、分けつ(根元から新芽が伸びて株分かれ)して子、孫ができて、50本くらいの束になっています!
このうち1本を観察!

IMG_1796.jpg
第5葉まで確認できました!
出穂まではまだまだ、今年は害虫も少ないし、病気も今のところ見当たらないからこのまま順調に成長してくれるといいなw

そうそう、カエルが写ってる写真の稲に、白いリングに毛が生えたようなものが5つくらいあるの分かりますかね?
一番分かりやすいのは左上のやつかな~
これ「葉耳(ようじ)」って言って、葉が伸びても茎部分からだら~んって倒れないよう(折れないよう)に支える役割を持ってます!
豆知識だね!!

よし、とりあえず写真消化したので、ここまで(*'-')ノシ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
マビノギ時計