【終了しました】スイカの注文について【2017年版】

【品種】紅まくら

【糖度】12度~13度
※梅雨の時期や雨の多い日が続くと糖度が11度程度になります。

【産地】熊本県

【収穫期間】二番花(第2期):5/28頃から~6月いっぱい予定

【注文受付期間】5/22~6/18

【取扱等級(品質)】秀品

【取扱階級(大きさ)】特大(10kg以上)、特(9kg)、3L(8kg)、2L(7kg)、L(6kg)

【注文可能個数】1玉または2玉
※3玉以上も可能ですが、箱が1玉か2玉用しかないので3~4玉の場合は2口の発送となるので倍の送料がかかります。

【お支払方法】WEBマネー、NEXONクーポン、(振込)
※基本的にはWEBマネーでお願いします。
※プリペイド番号、クーポン番号が反映されたことを確認後、発送します。

【発送方法】ゆうパック
※送料はスイカ代と一緒にお願いします。
※発送日は事前にお知らせするので、その日から2日後以降に日時指定できます。(関東より北の方は3日後以降になります。)
※箱には敷物(クッション)と仕切り(2玉箱)を入れて玉が動かないように固定し対策はしておりますが、配送の過程で荒い運転などによる割れが稀に生じる可能性があります。

【サイズ別料金】
※日毎に変動しますので、注文分と同じ日に収穫したスイカの値段が出た時点でお知らせ致します。
※梅雨を境に値段が下がります。

▼▼▼▼▼

注文や個人情報のやり取りはこちらで行いますので、お手数ですがフォローやコンタクトをお願いします。
事前に知っておきたいことや抜けている部分がありましたらご指摘ください。

※個人情報は絶対漏らさないでください、こちらも気を付けます。
※到着後は、なるべく早くお召し上がりください。
※在庫次第にはなりますが、以下のセットでお送りする場合がありますのでお楽しみに。
【スイカ+季節の野菜】セット
【スイカ+熊本銘菓】セット

今年もよろしくお願いします!
スポンサーサイト

【終了】スイカの注文について【2016年版】

『スイカ』

【品種】紅まくら

【糖度】12度程度10度程度
※2016年は悪天候により例年に比べてかなり質が悪く糖度も乗りにくい状態です。
※梅雨に入って晴れが極端に少ないため糖度が乗り切っていません。

【産地】熊本県

【収穫期間】一番花(第1期):3月下旬~5月下旬、二番花(第2期):6月3日~6月いっぱい持つかどうかくらいまで

【注文受付期間】4月~

【取扱等級(品質)】秀品

【取扱階級(大きさ)】特大(10kg以上)、特(9kg)、3L(8kg)、2L(7kg)、L(6kg)、M(5kg)
※二番花収穫分になりますと、ほぼ2L以上しかないので、小ぶりがいい方は一番花収穫期間中にご注文ください。
※二番花の収穫が始まりましたが、天候不順とそれによる病気で、L・Mサイズも多少あります。あくまで今年のことなので、例年は上記の通りです。

【注文可能個数】1玉または2玉
※3玉以上も可能ですが、箱が1玉か2玉用しかないので3~4玉の場合は2口の発送となるので倍の送料がかかります。

【お支払方法】WEBマネー、NEXONクーポン、(振込)
※基本的にはWEBマネーでお願いします。
※プリペイド番号、クーポン番号が反映されたことを確認後、発送します。

【発送方法】ゆうパック
※送料はスイカ代と一緒にお願いします。
※発送日は事前にお知らせするので、その日から2日後以降に日時指定できます。(関東より北の方は3日後以降になります。)
※ゆうパックは箱の縦・横・高さの合計の長さで料金が決まるので、なるべく小さい箱でとの要望がありましたが、こちらが用意する専用の箱でないと強度が足りないため、底が抜けたり、潰れたりと問題が出てきますのでご容赦ください。

【サイズ別料金】
スイカ価格
※日毎に変動しますので、注文分と同じ日に収穫したスイカの値段が出た時点でお知らせ致します。
※梅雨を境に値段が下がります。

【その他】
箱には敷物(クッション)と仕切り(2玉箱)を入れて動かないようにしてあります。ですが、荒い運転での配送や荷物の積み方によって到着時に割れていたり、生傷があった場合の責任は取れませんのでご理解ください。
また、品質においては秀品を選んでおりますが、切っての確認はできないので玉を手で叩いて音で判断しております。過熟まではいかないけど、ほんの少しだけ熟し方の進んでいるものもあると思いますが、あまりに少しの差は音に現れないので判別できませんので、ご了承の上ご注文ください。
糖度についても、切って測定はできませんので、ここに記載した糖度より低い場合があります。
最後に、天候などによって出来が大きく左右されますので毎年質に差があります。今年がお気に召さなくても、是非リピーターになって頂きたいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注文や個人情報のやり取りはこちらで行いますので、お手数ですがフォローやコンタクトをお願いします。
事前に知っておきたいことや抜けている部分がありましたらご指摘ください。

※個人情報は絶対漏らさないでください、こちらも気を付けます。
※到着後は、なるべく早くお召し上がりください。

※注文可能な青果は今後追加していきます。
※スイカの後は、キュウリの注文受付予定です。

平成28年 熊本地震

こんばんわ、お久しぶりです(*'-')ノ
4/14,16に発生した地震により被害を受け、更新が滞っておりました。
家屋の倒壊や大規模な土砂崩れのあった益城町や南阿蘇村などと比べるとしれたものですが、そもそも熊本でこのような大きな地震が起こるはずがないと思い込んでいたこともあり、少しの被害や日常生活に支障が出る事態に精神的なストレスがだいぶ溜まってしまいました。

まず、14日21:26の前震ですが、私の住む熊本市では震度6弱を記録しました。
当時はこれが本震とされていて、この揺れでは全く被害が出ず、ただ続く強い余震に中々眠れない夜を過ごした程度でした。
翌15日は仕事をしながら、いつものようにラジオを聴いており、「1週間は震度6程度の余震に注意してください」「余震も含めた揺れが完全に落ち着くには50日ほどかかるでしょう」などと専門家が話されておりました。

その日の深夜、日付が変わって16日の1:25。
私は部屋の電気を消し、布団に入った状態でスマホをいじっており、うつらうつらしてきたので、そろそろ寝ようとしていた頃に震度6強の地震に見舞われました。
下からドンと突き上げられたかと思ったら横に激しく揺れ、一瞬弱まったので逃げようと思ったらまた強い横揺れで立つのが困難だと思い布団をかぶって収まるの待ちました。
また少し弱まったので、今だと思いましたがまたすぐに強い横揺れが襲ったので布団をかぶりました。
この3回の強い揺れのあと歩ける程度の揺れが続いたので、部屋を出て家族それぞれの部屋を回って外に出ようと話をしました。スマホと財布、消防団のハッピ、長靴、ヘルメットを持って、ブレーカーを落として外に飛び出しました。

逃げ出すのに必死で家の中の様子や暗い中での避難だったので庭の様子などは伺うことはできませんでした。
外に出ると至る所からサイレンの音が鳴り響いていて、部落ではすぐに「消防団は至急集合してください」と放送がありました。
みんなは公民館に避難し、私たち消防団は積載車(消防車)や軽トラに乗り部落一軒一軒を回り、お年寄りやまだ家に残っている人たちに避難を呼びかけました。
その間も強い揺れが続いており、道は瓦や塀などが散乱し通りづらい状況でした。
全部の家を周り終わったら公民館に戻り、積載車の無線から流れる火災情報や救助要請に耳を傾けながら、暖をとるためのストーブなどを用意しました。
4月中旬で普段は暖かい夜なんですが、この日は時間とともにぐんぐん冷え込んできて体は震え、手はかじかむ程でした。
幸い、管轄内での火災などもなく出動の必要がなくなったので、明るくなってきた午前5時頃全員が自宅に戻りました。

戻ってまず目に飛び込んできたのが庭の様子でした。
石登楼や五重の塔、お墓などは倒れ、大理石のイスや鉢植えなどは傾いたり割れたりしていました。
家の中は、玄関や台所を中心に食器類が棚から飛び出し割れており、調理器具や本などは散乱していました。
飾っていた額やパズル、テレビやレコーダーは落下し折れ曲がり、タンスやカラオケ機器も倒れていました。
その他にも、脱衣所の壁に亀裂が入っていたり、障子の枠が弾き上がっていたり、小屋の土壁が崩れポッカリ穴が空いていたりしました。

とりあえず、歩ける程度にガラスや陶器を片付け、起こすだけで済むものを起こして、仕事に行きました。
畑では、暖房用の重油タンクが揺さぶられて中身が漏れていたり、ハウスの基礎が割れたり、場所がずれたりしていましたが、スイカは無事でした。
この日も強い余震が続いており、まさか来ないと思っていた二度目の強い揺れに恐怖を覚えていたので、夜は広い場所の真ん中に車を停め、車中泊をしました。
土砂降り、強風、雷がなっており、嵐のような夜でした。
車の中なので、雨の音が異様に大きく響いて中々寝付けませんでした。

次の日からは家の片づけ、仕事をし、夜は玄関に近い部屋で休む生活が続きました。
水道、電気、ガスなどのライフラインは問題なく仕えたのでお風呂や食事、トイレに難儀することはありませんでしたが、これらの最中の地震は怖いので急いで済ませるようにしてました。

この地震で市場がストップしました。
スイカの本収穫の始まりの日でした。
箱詰めしたものを運んでもらう運送会社も機能しておらず、自分たちで持っていくにも市場も機能しておらず、でもスイカが熟すのは止まりません。
市場が止まっていた数日間、出荷するはずだったスイカは収穫できず、熟しすぎて商品としては優品、良品が多くなっていましました。
今は市場も運送会社も動いていますが、スイカは貯まっています。
収穫して箱詰めするのにはもちろん相当な体力を使うので、一日でそこまでし終える量にも限度があるのです。
品質は落ちるし、地震の影響で仲買さんも少なく、買い取り価格も安いので、来年のスイカ収穫までは極貧生活になります。
いくらきつくても、いくら安くても、農家がお金を稼ぐ方法はこれしかないので、大変だけど仕方ありません。

14日の最初の地震から2週間が経ちましたが、余震はまだまだ続いています。
震度1以上の地震は1000回を超えました。
4,5日前は余震の回数がグッと減って、震度も1や2が中心になっていましたが、昨日からまた余震の回数が増え、震度も3や4を記録しています。
落着けない日々が続いておりますが、熊本県民一丸となって復興に向けて一歩一歩進んでいこうと思います。

がまだせ熊本!!負けるな熊本!!

連絡/お問い合わせ先

*Twitter*
ID:@INSENCE_MABI
アカウント名:インセンス

*Skype*
ID:insence5963
アカウント名:ピック@インセンス

注文については別の記事にて詳細を載せます。

※重要(イベント参加者必読)※

2015年10月1日より市消防局より正式に町消防団に任命されました。
よって、年末年始や防災週間などを中心に年中様々な活動があります。

他の消防団と合同で行うような大きな活動については、1か月程前からお知らせがありますが、会議や自分の地区だけで行うような小さな活動については、前日や当日にお知らせがくることがほとんどで予測がつきません。

私のイベントは、年末年始が主なんですが、消防団の活動もその時期に集中しています。
イベント中に集合がかかったり、開始直前に呼び出されたりがないとは言い切れません。

また、消防団の一番の活動はサイレンが鳴った時、仕事中であれ作業を中断、すぐ集合し積載車に乗り込み現場に向かうことです。
前々から活動が分かっている分は、それを考慮してイベントの日程や時間を決めたいと思っています。
しかし、サイレン(火災発生)はいつ鳴るか分かりません。
ですので、イベント前や最中にサイレンが鳴った場合は、そのイベントは即中断します。

その合図として、全体チャットで「サイレン」と発言します。
おそらく、時間的にこの一言が精一杯です。
説明できればしたいですが、できないのでこの記事を書いております。

イベントの告知を出した際に、一緒にこの記事にも目を通して頂くように指示致しますが、いきなり参加の方なども出てくると思います。
そういった参加者のために、この合図を理解して頂いた方々は、よろしければ私が「サイレン」と発言して動かなくなったら「消火活動に行きました」など、簡単な説明をしていただけるとありがたいです。

せっかく参加してくださってるのに、たった一言で動かなくなるのは大変失礼なことだと思います。
ですが、このことをご理解の上、楽しんでいただければ助かります。

私のイベントは、個人で企画・発案・実行しているものなので、雑な部分や不満に思う部分が多々あると思います。
こんなイベントですが、今後もどうぞよろしくお願いします。
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
マビノギ時計