【25】浪漫農場

どうも、こんばんわ(*'-')ノ
今回は、前回の続きから収穫直前までの流れを紹介しようと思います!

まずは、2,3個の玉からひとつに絞って摘果したところからですね~。
残した一玉は、脇芽をかぎながら天気に恵まれるとぐんぐん成長し、L寸卵のもう一回り大きいくらい(これが基準)になります。
ここまできたら、着果(花)棒[ちゃっかぼう]という色のついた棒を基準に達したものから日毎に色を変えて、玉の傍に刺していきます。
刺した日から4?日目に収穫すると一番ベストな状態で食べることができます。(?の数字は企業秘密ですのでご了承を!)

例えば、全部で100玉(株)あって、27日に基準を満たしているものが25個、翌日28日に基準に達したものが25個、29日に50個あったとすると、最初の25個には赤の棒、次の25個には青の棒、最後の50個には黄色の棒というように日を跨いで同じ色をささないように、また同じ日に複数色ささないようにします。

刺したあとは、またまた脇芽をかぎつつ根元から芯の先端までが2m50~3mの長さになるまで様子を見ます。
この長さになったら、植え替え(2番花)を植える人と今のスイカ(1番花)で終わる人でやることが分かれます。

植え替えを植える人は先端から30cmほどをかいで、苗を植えるスペースを空けて、根元に向かって折り返します。
これを【芯曲げ】と言います。
IMG_1975.jpg
IMG_1977.jpg
このとき、かいだ部分から下1つ目の脇芽だけを残して、他の脇芽は取り除きます。
この空いたスペースに植え替え用の苗を植えて、また元の手順でお世話していきますが、植え替えが伸びてくるころには一番花の収穫が終わって、かずらは片付けているので問題なく作業できます。
もちろん植え替えはこの写真でいうと右には伸ばせませんので、左に向かうように「の」の字に曲げていきます。
このやり方は非常に効率よく、ひとつのハウスで単純計算ですが倍の収量を得ることができます。

一番花しかしませんよ~って人は、先端から30cmほどを鎌などで切り払って放置します。
こちらは脇芽なども取り除く必要はありません。

ここからまたしばらく気温に注意しながら様子を見ます。
そして、棒を刺してから3?日経過したところで【玉返し】という作業をします。
玉はマルチまたは地面の上に横たわっているので、見える部分は陽が射して綺麗な縞模様になっていると思います。
しかし、地に接している部分はまったく日光が当たっていないので、まだ真っ黄色のままです。
IMG_1985.jpg
このように上下を逆にしてあげて、今まで陽が当たっていなかった部分に日光を当てて、色を抜いてあげます。
色を抜く?色を付けるじゃないの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、写真のように黄色の下に縞模様ははっきりしています。
元々色は付いているんですね~、なので陽を当てて黄の色を抜いてあげるという表現が正しいのです。
このとき、葉が玉に覆いかぶさっていたり、土がついていたりすると色の抜けが悪くなるので、なるべくかぶらない様に!

玉返しをしたら、約10日後いよいよ収穫です!
この10日の間に伸びた脇目はしっかり取り除いてください。
一番花だけの人は伸びた芽はすべて鎌などで切り払ってください。
玉返し後の10日間でびっくりするくらい玉が急激に太ります。
成長を阻害しないように、お世話は手を抜かないように!!

収穫時の注意点を少しだけ!
もし10日経っても色が抜け切れていない場合は、糖度も乗っていないので、抜けるまで置いておきましょう。
また、黄色を超えてオレンジに見える場合は、色が抜けきって、逆に日焼けが始まっているので急いで収穫しましょう。

とりあえずはこんな感じで定植~収穫までの流れをご紹介してきました。
露地は正直、天気・気温・害虫など育てるには条件が厳しいので、できればハウスでの栽培をオススメします。

うちもそろそろ収穫が始まります!
一応29日を予定してますが、ここにきて不安定な天気が続いてるせいで、なかなか思うようにいきません。
ちょっと遅れるかもしれませんが、確実に去年よりは早く初収穫を迎えます。
今年も美味しいスイカが出来ると思いますので、またご注文お待ちしております!
近いうちに注文受付の記事をあげますね~

それでは、今日はこの辺で(*'-')ノシ
スポンサーサイト

【12】リアルの足跡

どうも、こんばんわ(*'-')ノ
啓蟄も過ぎ、いろんな生き物たちが活発に活動を始めましたね!
最近はというと、昼間は18度まで気温が上がったり、日の出が早く、日の入りが遅くなったりと段々と春に近づいている気がします。
もちろん、花粉症の影響ももろに受けつらい日々を送っていますw

そんな春らしい気候で過しやすいなあと思っていると突然の雪!
先月も熊本からすると結構ガッツリ降って、今月に入ってもパラパラと降りました。
IMG_1957.jpg
近年では結構珍しいほど積もったww
こんだけでテンション上がる!!
でも、気温が高い日と低い日が周期的に入れ替わりながらくるせいで桜の開花は遅れるみたいです。
今年は東京と福岡が一番早い予報ですね!

花見の予定もそろそろ立てないと、22日頃には咲き始めますよー!
ま、うちの花見は毎年梅なんですけどねw
IMG_1964.jpg
IMG_1967.jpg
今年も立派に咲きましたよ!
咲いたはいいけど、その後の強風と花散らしの雨で今年の梅はあっという間でしたw

そうそう、3/1を持って娘も4ヶ月となりました!!
3/3はひなまつりということで、ちょっと早めに2/26に村の者を呼んで雛祝いをしました!
IMG_1949.jpg
最近はキャーキャー、あうあう声を出したり、音楽聞かせたり手を握ったりするとニコニコしたり、身体的なこと以外でも成長を感じることができるようになってきました!
来月からは離乳食が始まるぞお、ちゃんと食べてくれるかな~?

さて、今日はホワイトデーですよ!
私は先月のバレンタインデーにお菓子を手作りして渡しましたw
なので、ホワイトデーはなしですw
今回はそのとき作ったお菓子を紹介して終わろうと思います!

【クリームチーズ蒸しパン】
IMG_1934.jpg
材料混ぜたらレンジ加熱でできちゃう簡単おやつw
加熱時間を長くすればするほどメロンパンの皮みたいなサクサクに仕上がりますw

【チョコムース】
IMG_1935.jpg
溶かしてゼラチン入れて、冷蔵庫にぽーいで簡単w
ブランデーなんかを入れると大人な味に!

【黒ごまと餡子のひねりスティックパイ】
さっくりホクホクでコーヒーのお供に最適!
黒ごまペーストを甘くするのに蜂蜜を使ったけど、チョコや水あめでもイケそうw

【チョコレートマフィン】
IMG_1937.jpg
1つで結構おなかにたまるw
もう少し生地に甘さが欲しかったな~

【チョコレートケーキ】
IMG_1941.jpg
かなりもったりとした生地で焼いたしっとり系のケーキです!
パウンドケーキ型で焼いたからこんな形w

【チョコと蜂蜜のミニクロワッサン】
IMG_1942.jpg
ミニというかプチサイズw
たまたま蜂蜜のほうが中から染み出て、底が焦げてたんだけど、焦がし蜂蜜でめっちゃおいしいじゃん!発見w

こんな感じでしたーw
みんなどんなお菓子もらって、どんな物お返ししたのかな~w
それでは、この辺で(*'-')ノシ

【24】浪漫農場

どうも、こんばんわ(*'-')ノ
またまた、お久しぶりになっちゃいましたね~><。
今はキュウリが終わってすべてスイカになりました~
今回は、前回の続きを説明していきます!

前回は「かずら曲げ」までやりましたね!
曲げたあとは、しばらく放置します。
すると3本の芯がいろんな方向に伸びていきます。
隣の株に芯が潜り込んだり、他の芯と絡んだりして今後の作業がしづらくなるので、たまに様子を見て、もつれを取ってあげます。
かずら曲げ直後から大体30cmほど伸びたら、もう一度かずら曲げのように大きい「の」の字になるように芯の先端を揃えて根元の方向に引き上げます。
この作業を「かずら引き」といいます。
このとき、脇芽だけすべて取り除いておきます。(この後、花つけの作業があるので脇芽以外は触らないように!)

ここからまたまた放置します。
さらに、30cmほど伸びるころには、黄色い花がいくつも咲いているのが確認できるようになります。
前回の最後の写真で引いてた赤のラインより手前(自分側)に咲いている雌花に雄花の花粉をつけてあげます。(受粉ですね!)
雌花は花の下に小さいスイカがついているので分かります。
雄花は以下の2種類があるので、区別がつくようにしっかり見ておいてください。
IMG_1960.jpg
IMG_1961.jpg
上が当日咲いた花、下が前日咲いた花です。
受粉は必ず当日に咲いた花の花粉を使います。
当日の花は花弁も雄しべもぷっくりしていて、前日のは開ききってしおれていますね。
前日の花粉のほうが色が濃くてたっぷり受粉できそうに見えますが、絶対に使わないようにしてください。
ただし、株Aに咲いてる花は、株B・株Cにも使えるので、当日の花にさえ気をつければ、どこの雌花と受粉しても構いません。

花粉は前日の日照時間により出る量が変わります。
また当日の朝の寒さと曇り具合で花が開くのが遅くなるので、開くまでは極力換気は避けましょう。
曇ってても、もしくは外にいる人間が寒いと感じても、ハウス内は暑かったり、蒸していることもあるので注意しましょう。
受粉後は、雌花の下のスイカが徐々に大きくなっていきます。
IMG_1970.jpg
卵くらいの大きさになると花が枯れて、こんな状態になります。
こういう状態になることを「止まる」といいます。
止まった状態のスイカが1つの株に3個くらいできるまで毎日受粉をします。
ここまで成長すると写真のように傷が確認できたり、形に歪みがあったり、縞模様の色がどす黒かったりという特徴が見えてきます。
もし、縞模様がどす黒く見えた場合、それを「落ちる」と表現します。

1つの株に3個ほど出来たら、その中から本命を選び、他の2玉を根元からちぎって捨てます。
これを「玉落とし」といいます。
先ほどの挙げた3つの特徴のうち1つでも当てはまっていれば、それは真っ先に取り除きます。
理想は丸または卵型で実が透き通ってるように綺麗なものです。
玉落としの時には、枯れた雌花を取って、実を横たわらせます。
ここでも注目すべき点があるので写真を使って説明します。
IMG_1969.jpg
これは雌花を取ったあとの状態です。
矢印の部分が雌花が咲いていたところ(お尻といいます)ですが、両者を比べると大きさに違いがありますね。
もし玉落としの際、2つまたは3つともいいものでどれを切り捨てるか悩んだ場合はここを見ます。
なるべくお尻が小さいものを選んでください。

本命が決まったらまたしばらく放置しますが、成長は止まりませんので、芯は伸び続け、伸びたところに出来た脇芽をぐんぐん伸びます。
脇芽は成長を阻害しますので、気づいたら取り除きましょう。
IMG_1971.jpg
こんな感じで脇芽は分かりやすいので、芯とさえ間違えなければ問題ないでしょう。
この前取ったからしばらくいいだろうと思っていると、想像以上に次のが伸びるのは早いので3日に1度は確認してください。

次の作業をするころにはこんな感じになってます。
IMG_1972.jpg
もう漬物にはできないくらい大きく育ってます。
まだ中は真っ白ですが、種がしっかり確認できますよ。
収穫までに紹介できる作業はあと1つか2つくらいです。
そしたら収穫まで芽をかぎながら待つだけです!

それじゃあ、今回はこの辺で(*'-')ノシ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
マビノギ時計